アニラセタムの効果と副作用|脳を活性化し、記憶力、想起力を向上させよう!

アニラセタムについて

アニラセタムとは、「ピラセタム」という認知機能を強化する働きがある脳機能調整薬の効力を、4から8倍ほど高めたスマートドラッグのことを言います。
脳を活性化し、記憶力や学習能力や想起力を向上させる効果あるだけでなく不安やうつを軽減する作用も期待できます。つまり簡単に言えば「頭の良くなる薬」のことを言います。
もともとは、アルツハイマー治療薬として開発され、アメリカで大ブームとなりました。
ドラッグというとなんだか怖いイメージがあり、手が出しにくい人も多いと思いますが、ちゃんと安全性は確認されていて、日本の厚生労働省にも認可されているため、安心して使用することができます。
また、アニラセタムは病院でももらえますが、通販でも手軽に手に入るのが魅了です。

 

ピラセタムとはアニラセタムの類似のスマートドラッグのことを言います。
こちらもアニラセタムと同様に脳機能を向上させ学習や記憶力を改善します。
ピラセタムは、脳内神経伝達物質の一つであるアセチルコリンの濃度を上げる作用をもち、コリン作動性ニューロンの活動を高めます。これによって視聴覚から得られる情報が鮮明化し、普段なら気付かないような細かいことにもよく気付いたり、集中力が増して思考がまとまりやすくなります。
特に意識せずとも注意力が向上するので、仕事や学習が捗る効果が得られます。失読症の子供の学習支援、中高年者における認知機能改善、アルコール中毒治療など幅広く使用されています。

 


アニラセタムの効果について

アニラセタムの効果について紹介します。一度お試しになりたい方はチェックしてみてください。

 

アニラセタムの効果について要チェックです!

アニラセタムは脳内の連合皮質の血流を増やすことで、総合的な思考・包括的な思考をサポートします。
脳のAMPA受容体と呼ばれる興奮系の受容体は学習能力や記憶力に関係していますが、アニラセタムはAMPA受容体に働きかけ、脳神経を刺激する作用が持続します。また、鎮静作用を及ぼすことなく、不安やうつを軽減する作用もあります。

 

そして、具体的な効果について挙げると
「記憶力改善」、「学習能力向上」、「認知機能改善」、「反応性向上」、「知覚性向上」、「不安軽減」、「うつ軽減」など様々の脳により良い働きをします。
その効能から、受験生や資格試験の勉強をしている人、仕事や学習に集中したい人、脳の老化に悩んでいる高齢の方、アルコール中毒治療など幅広い方々に使用されており、さらに不安やうつを軽減する作用もあるため、精神が安定しにくい人にも使用されます。
口コミでは、「頭がすっきりした」、「集中力が高まった」という意見もあれば、あまり効果が感じられなかったという人もいるようです。
ただし、アニラセタムは日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。


アニラセタムの副作用について

記憶力の向上、認知機能改善など、様々な脳により良い働きをしてくれるスマートドラッグの「アニラセタム」ですが、まれに副作用が出ることもあります。

 

アニラセタムはどのような副作用が出るのか

具体的には、頭痛、眠気、めまい、吐き気などの症状、また精神神経系に対し躁鬱となる症状が出る場合があります。。もしこのような症状が出たらすぐに服用を中断しましょう。
アニラセタムの副作用は一時的なもので、服用を止めるとほとんどの副作用が消えます。また、アニラセタムは規定の用量だと効き過ぎる場合があります。
アニラセタムの服用は、個人差はありますが、規定の用量より少なくても記憶力や脳機能改善に大きな効果が見られる場合があります。アニラセタムを服用する際は、規定の量より少し少なめから飲み始めるのがオススメです。

 

もし、副作用が出た時の対処法

規定の量服用していて、副作用が出てしまった場合、量を減らすことで症状が治まることもあります。
またコリン(脳内神経物質アセチルコリン)と一緒に飲むことで副作用を抑えられます。人によってアニラセタムとコリンのちょうどいい量は違いますが、一般的に、アニラセタム1錠+コリン1錠、アニラセタム2錠+コリン1錠、アニラセタム1錠+コリン2錠で飲まれることが多いようです。
最初は1錠ずつから始めてみるのがいいでしょう。どんな薬でも副作用はつきものです。アニラセタムは比較的副作用は出にくい薬です。
アニラセタムの副作用は眠気などなので、アニラセタムが原因のものなのか判断しにくいかもしれませんが、安心して飲み続けるために、症状がでたら早めのうちに対処することが大切です。

 

コリン(脳内神経物質アセチルコリン)とは、体内でアミノ酸から作られる水溶性のビタミン様物質のことを言い、肥満や脂肪肝、高脂血症などの生活習慣ケアで注目を集めているサプリメントです。
記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料として使用されるほか、体内で脂肪が使われるよう働きかける成分です。
アセチルコリンは、記憶力や学習力に大きく関係があるとされている神経伝達物質です。
つまり、アセチルコリンの材料となるコリンは、記憶力やストレスなどの脳機能サポートが期待できる成分と言え、ビタミンB5と一緒に摂取することで、より効果的と言われています。